記事一覧

平成26年度 第2回 記念花壇への植え込み&オグラコウホネ

ファイル 110-1.jpgファイル 110-2.jpgファイル 110-3.jpgファイル 110-4.jpg

 曇り空で最初は風が冷たかったですが、作業終了後のお茶の時間にはちょうど良い陽気でした。
 前回から取り掛かった保存協会40周年記念事業の一環である、万葉植物花壇への植込みと設置後花壇の傾きがあるものを水平に直す作業を行いました。現在、夏に花を付けるものを主に11種植え付けが済みました。これからの時期は植替えには適さないので秋から本格的にほかの花を植えることになりました。希望に沿って各自の担当花壇(花)を決めましたが、まだ全員が手を挙げてなく、特に男性がどれにするか迷ってあるようです。
 記念花壇と畑の草取り作業に並行して、久山町からいただいたオグラコウホネとヒメコウホネを政庁跡の濠に植えこみました。オグラコウホネは福岡県の絶滅危惧種で町の文化財となっているものですが、生息地の池が産業廃棄物で汚染され、生育が危惧されたため種の保存を図る意味で寄贈をされたものです。現在濠には普通のコウホネが元気に育っているので、オグラコウホネとヒメコウホネも無事に育ちこの夏には黄色い花を付けることでしょう。
 本日の参加者 23名(職員3名含む)!!