記事一覧

平成27年度 第2回 春ソバの種蒔

ファイル 135-1.jpgファイル 135-2.jpgファイル 135-3.jpgファイル 135-4.jpg

 今日は春ソバの種を蒔く日です。雨が続き心配していましたが、朝から太陽がさんさんと輝いて種蒔には絶好の天気となりました。
 万葉植栽ボランティア「ゆづるはの会」の皆さん6名と一般から男性お一人が参加され、職員二人を入れて総勢9名での種蒔でした。
 ソバの実(信濃1号)1kgの袋を手に一畝ごとに並んで撒きました。作業自体は簡単ですが、どの程度つかみどれだけ腕を振ってばらまくのか、最初はよくわかりませんが、すぐに慣れて、上手に蒔けるようになります。ただ、今年も雨続きの後で、畑の土は表面は乾いているようでも、場所によっては長靴がめり込み足を取られバランスを崩し、倒れそうになることもありました。作業後参加者全員車座になって、お茶をいただきました。
 ソバは湿気に弱いので、無事芽を出して、立派な花をつけてくることを祈りながら、作業を終えました。
 今日蒔いた種が芽をだして、花をつけるのは5月に入ってからになる見込みです。花は5月初旬から6月初旬まで、楽しめることでしょう。