記事一覧

H27年度 第8回活動日 ハギの切戻し他

ファイル 141-1.jpgファイル 141-2.jpgファイル 141-3.jpgファイル 141-4.jpgファイル 141-5.jpg

 23名の参加を得て、今日は6つの作業を行うことが出来ました。まず、①畑の排水溝が深くなりすぎているのを修正する土木?作業、この時期の②ハギの切戻しと③花菖蒲の花柄摘み、そして、④野草園へのショウブ・ノハナショウブ・シャガの植え付け、ヒトリシズカの植え替え、それに野草園と育苗畑の⑤草刈と⑥草取りです。梅雨の合間の曇り空で助かりました。天気と多数の参加者のお蔭ですっきりしました。次回も雨に邪魔されずに出来ることを願っています。
 また、久しぶりに斉城先生のミニ講座がありました。今日はショウブとノハナショウブ、シャガを持参され、「普通我々が菖蒲を見に行こうとか言っているのは、正確には花菖蒲(正式には植物名はカタカナで表すのでハナショウブ=アヤメ科)であって、ただ菖蒲(ショウブ=サトイモ科)というのは端午の節句に風呂に入れる、良い香りのする方です。文章で表現する場合は特に注意してください、科も違います。」とのことでした。また、「ハナショウブの雄蕊は雌蕊の裏に抑えつけられてます。植栽に参加の男性はこんなにならないで?!」と余談も。