記事一覧

平成28年度 第5回 ソバの花・ハナショウブ観賞 他

ファイル 163-1.jpgファイル 163-2.jpgファイル 163-3.jpgファイル 163-4.jpgファイル 163-5.jpg

 4月20日に種を蒔いたソバが真っ白い花をつけ、満開状態になり、また、政庁跡八つ橋、テニスコート前、戒壇院裏、観世音寺裏の4か所の花菖蒲園のハナショウブも満開です。
 自分たちが育てた花々を観賞し、自画自賛の日です。花菖蒲園では枯れた一番花の花柄摘みもしました。通行人の方や写真を撮っている方々から「きれいですね」「素晴らしい」とお声をかけられると思わずニッコリです。また、手入れの励みになり、一番のご褒美をもらった気がします。
 今日はソバ畑のわきに咲くツツジ・サツキから挿し穂を取り、挿し木の実技講習を斉城先生にしてもらいました。ほとんどの人が何回もしていますが、新加入者の方は熱心に話を聞き、質問をしながらの実習でした。挿し穂はどんなものがいいのか、苗床の土は鹿沼土を下に大粒、上の方に小粒をいれる、腐葉土など肥料気のあるものは、雑菌があり使わないこと。挿す部分はよく切れるカッターなどで鋭く斜めに切り、反対側から短く切り返せば、発根が良くなる。等の説明でした。ツツジやアジサイ、ツバキ等この時期が挿し木に一番適しています。これを参考に皆さんも挿し木に挑戦してみてください。