記事一覧

太宰府南小班 会議

ファイル 121-1.jpgファイル 121-2.jpgファイル 121-3.jpgファイル 121-4.jpg

4月1日(火)太宰府南小班のボランティアの皆さんが、今年度の
活動内容について、高雄公民館で打ち合わせを行いました。

校区内にある高尾山は、山城址という歴史の側面と共に周辺村々
の里山としての役割を担った重要な山で、現在は地域住民の憩い
の場となり、自然保護の観点からも注目すべき山です。

この高尾山をより多くの方に知っていただけるように、高雄区の
自治会と共に、山道の整備や資料収集・公開などをこれまで以上
に進めて行きたいとのことでした。すでに校区内全ての自治会か
らも高い関心を集めており、他県のグループも学習に訪れる機会
があるそうです。

また、「太宰府旧蹟全図北図」にある地名や表記の仕方などで、
江戸時代の高雄地域がわかる要素があり、『御笠郡村明細記』に
も記述を見つけることができます。

数少ない文字資料ですが、丁寧に見ていくことで高雄地区の昔が
少しずつ私たちの前に現れてきて、理解がさらに深まりました。

高雄公民館の壁には、高雄区の歴史について年表や解説を加えた
写真などを掲示して利用者に日常的に町の歴史に関心をもっても
らう試みを続けておられます。

高雄地区は比較的新しい住宅街ですが、長い歴史に育まれたこの
地区を、文化遺産調査の活動を通して地域の方に知っていただき
皆さんがより愛着をもってまちづくりに取り組めるよう、支援し
て行きたいと考えています。