記事一覧

日田街道班活動報告

ファイル 130-1.jpgファイル 130-2.jpgファイル 130-3.jpgファイル 130-4.jpg

4月17日 大根地神社の燈籠の拓本作業を行ないました。
「宰府まいりの道」をたどる中で、筑紫野市由須原にある竜岩自
然の家の川向こうに、大根地神社の参道があります。そこに大き
な石燈籠がひとつあり、台座にたくさんの屋号や人名が刻んであ
ります。

「博多與一人形」はそのままでも比較的容易に読めます。しかし、
その他が分からず、今回拓友会の方々に依頼して、拓本を採って
いただくことになりました。

作業工程を初めて見るボランティアさんも多く、タワシでコケを
落としたり、水洗いをお手伝いしているうちに、少しですが文字
も拾えるようになりました。

この石燈籠は昭和の初めのものであるようで、老舗の屋号もいく
つか拾えました。
石燈籠をこの大根地神社に寄進した経緯やそれぞれの商店と
この地域のかかわりなど、拓本を読んで分かることがたくさん
ありそうです。

このように、刻まれたものからのアプローチで、文化遺産をさら
に深く理解できる機会もとても貴重なことです。いろいろな方に
ご教授願いながらこれからも文化遺産調査・公開を進めてまい
ります。