記事一覧

太宰府南小学校班 班活動会議 

ファイル 134-1.jpgファイル 134-2.jpgファイル 134-3.jpgファイル 134-4.jpg

5月6日(火)、太宰府南小学校班の皆さんが高雄地区の調査活動
を行いました。

当日はまず高雄公民館にて協議を行い、今後の調査方針や文化遺
産候補を話し合い、筑紫女学園が取り組んでいる「筑女の森」に
ついての活動資料などの確認を行いました。

打ち合わせ終了後は高雄地区の現地調査を実施し、地元の方への
聞き取りを行いました。また、私有地の通行許可を頂き、振り返
り調査活動も併せて実施しました。

高雄地区には太宰府市で一番新しい溜池である「片谷温水溜池」
があり、その名称は集水した冷たい水を田畑の作物に適した温度
まで温めるためとのことです。また、池のそばには高さ2m70
cmほどある謎の石碑が倒れた状態で残されており、その建立目
的や年代、碑文解読などが今後の調査課題となりました。

その他、地元の方に同行頂いて菅原道真公にまつわる場所という
「ショウテイジ」や寛政年間の年号がある庚申尊天などの調査も
実施することが出来ました。
 
太宰府南小学校班では本年度、高雄山を中心とした文化遺産の調
査を行っています。長年、地域の里山として親しまれ、城跡や大
行事塔などの文化遺産が数多く残る高雄山を多くの方々に知って
頂けるように、今後も活動をすすめてまいります。