記事一覧

5月19日 四王寺山勉強会 聞き取り調査・現地調査

ファイル 140-1.jpgファイル 140-2.jpgファイル 140-3.jpgファイル 140-4.jpg

5月19日(月)、文化遺産ボランティア四王寺山勉強会の皆さん
が活動を行いました。

活動の前半部分は、坂本地区の古老の方にお越し頂き、昔の坂本
地区の様子や四王寺山山中にある般度の滝などについて色々なお
話を伺いました。

なかでも般度の滝は、現在水害によって往時の姿を知ることが困
難ですが、聞き取り調査のなかで沢山の石仏が祀られており遠方
からも多くの信者さんが御籠りに来られていたことなど貴重なお
話を伺うことが出来ました。

聞き取り調査と会議が終了後、坂本地区のオカッテンサンより四
王寺山を登り、山中にある般度の滝まで現地調査を行いました。
鬼子母神を祀るオカッテンサンには数多くの石仏が祀られていま
すが、これらはもともと般度の滝に祀られていたもので、水害で
流出したものを地域の方々が池からすくい出し、現在地に祀られ
たそうです。

四王寺山山中にある般度の滝への道は、途中に砂防ダムが建設さ
れるなどして大変困難ですが、枝葉をかき分け、清流を辿ってい
くと現在も岩場を流れる美しい滝があります。静まり返った四王
寺山山中に、ただ滝の音だけが聞こえる風景は、信仰の場・修行
の場に相応しい場所として今も残っています。

今回調査を行った般度の滝をはじめ、今後も旧蹟全図に記された
四王寺山の風景について調査を行ってまいります。