記事一覧

日田街道班 大野城市平野神社~太宰府市大佐野交差点 現地調査

ファイル 146-1.jpgファイル 146-2.jpgファイル 146-3.jpgファイル 146-4.jpg

5月28日(水)初夏を思わす晴天のなか、日田街道班の皆さんが
大野城市から太宰府市に向けての「さいふまいりの道」の現地調
査を行いました。

 前回の終了地点である平野神社からスタートし、道筋の周辺に
ある神社や祠、六地蔵といった信仰にまつわる文化遺産から、悲
話が伝わるイガイ牟田池や天狗伝説の残る松といった伝承にまつ
わる文化遺産など、様々な角度から「さいふまいりの道」とその
周辺地域の調査を行いました。

那珂川町を起点とした調査もようやく太宰府市へと入り、大佐野
地区に辿り着きました。大佐野地区は大規模な開発や区画整理な
どによって様相が一変していますが、江戸時代の旧蹟全図に描か
れた道筋や語句、明治33年に測量された地図などを用いて、昔
の道筋の面影をたどりました。

また、地域の一部には昔の面影を伝える小道や猿田彦大神が残っ
ており、古くから栄え、人々の往来がにぎやかであっただろう大
佐野地区の歴史を今に伝えてくれています。

今後の調査では様々な史料を基に、太宰府市大佐野から田中橋を
通り通古賀へ向かう道筋、また、杉塚を経て二日市宿へと向かっ
た道筋など、太宰府とさいふまいりの道に関連する文化遺産調査
をさらに進めて参ります。