記事一覧

太宰府における時の記念日の行事 太宰府市民遺産第6号

ファイル 153-1.jpgファイル 153-2.jpgファイル 153-3.jpgファイル 153-4.jpg

本日6月10日は「時の記念日」。
大正9年、欧米並みの生活改善や合理化を図り、時間の大切さを
尊重する意識を広めるために設けられました。
太宰府における記念行事の推移と近年の動きについては、太宰府
市民遺産第6号「太宰府における時の記念日の行事」のリーフレット
に詳しく記されています。
主に水城小学校卒業生の方々によって構成されている辰山(とき
やま)会がこの記念行事を主催され、平成23年11月に市民遺産の
認定を受けられてからはますます盛況な行事となってきています。

120名を越える参加者を前に、定刻の6時10分に開会しました。
萩尾会長や井上市長のご挨拶の後「時の記念日の歌」や「水城
村の地勢~度量衡の歌」・「水城小学校校歌(昭和6年版)」な
どを合唱しました。

先日行われた文化協会春の祭典が初披露だった舞踊は都府楼址に
因む大変あでやかなで舞で、昨年に引き続き西日本吟詠会の皆さ
んの吟詠も力強く都府楼址に響き渡りました。
太宰府発見塾 塾長の森弘子先生のお話は、「時刻」は天智天皇
の時代から国レベルでの管理の対象であった重要な概念であった
ことや、この「時の記念日」にまつわるご自身の思い出を織り交
ぜながら、先人の思いや歴史を解説くださいました。

この辺りはウォーキングに最適な環境なので、途中足を止めて参
加される方やウォーキング時間をずらして参加されている方など
もあって、「時」の大切さを皆さんそれぞれのペースで再認識さ
れた時間だったようです。