記事一覧

戒壇院 大般若祈祷会・お施餓鬼

ファイル 160-1.jpgファイル 160-2.jpgファイル 160-3.jpgファイル 160-4.jpg

7月6日(日) 戒壇院にて、大般若祈祷会・お施餓鬼が行われました。
大般若祈祷会とは600巻にも及ぶ経典「大般若波羅蜜多経」を転読、
祈祷する法要です。聖福寺のご住職をはじめおよそ15名の和尚様
が壇上に上がられました。雨音が時折激しくなる中、たくさんの教本
を繰りながら読経される大きな声が、木魚や鈴の音とともに堂内に
響き渡りました。お施餓鬼とは、亡くなられた有縁無縁の方々が、
その後の世界で飢えや渇きに苦しむことのないように霊を供養し、
また自らの健康長寿を願うという仏事です。

檀家の皆さんをはじめ多くの参拝者が堂内外で熱心に手を合わせ
ていました。雨天のせいで例年より参拝者は少ないとのことでしたが、
50名近くは集まられたように思います。最後に戒壇院の和尚様か
らお話をいただきました。「神仏を信じる心や手を合わせる行為
はどんな時代になっても変わらずに大切なことである」とのお話に、
参拝者の方々も深くうなづいていました。終了後、お札を頂戴し
お堂の周囲に飾られた小さな幡も皆さん大切に持ち帰っていま
した。