記事一覧

隈麿公のお墓 夏まつり

ファイル 165-1.jpgファイル 165-2.jpgファイル 165-3.jpgファイル 165-4.jpg

朱雀3丁目榎区にある隈麿公のお墓。菅原道真公の息子にあたる
隈麿公のお墓といわれています。このお墓の周りには六弁のウメ
や大きなクスノキがあり、近所にお住まいの菊武さんによって守
られてきました。一昨年、今後の管理を榎区が引き継ぎ、以来、
日々の清掃や春夏のお祭りについても協力して、地域の文化遺産
として守り継がれています。(太宰府市民遺産第7号)

7月15日は夏まつり。太宰府天満宮の神職の方々により祝詞が
奏上され、隈麿公の御霊をお慰めしました。地域の方をはじめ文
化遺産調査ボランティアの方も含め約15名ほどが集まりました。
皆さんそれぞれ玉串を奉じ、お参りをしました。例年蒸し暑い中
セミの鳴き声が敷地内を包みますが、この日は曇天だったせいか
あまり聞こえませんでした。

春先、天満宮の庭師の方々により枝打ちが行われ、とても身軽に
なっていたクスノキの大木もみるみるうちに柔らかい若葉が芽吹
き、力強い生命力を私たちに示していました。

敷地内に3ヵ所ベンチが新設されています。枝打ちの際の廃材を
利用して作られたそうです。
「訪れる方々のしばしの休息に、腰掛けていただきたいです。」と
菊武さんは話されていました。
近いうちにクスノキの枝葉が木陰を作ってくれそうです。

春のおまつりは4月15日です。