記事一覧

水城小班 現地調査(1月27日)

ファイル 202-1.jpgファイル 202-2.jpgファイル 202-3.jpgファイル 202-4.jpgファイル 202-5.jpg

雨上がりの暖かさとなった1月27日(火)、水城小班の班活動があ
りました。
今年度は主に5年前の調査の振り返りの調査を行っています。
これまで校区の北側を主に調査してきましたが、本日は南側、榎
区周辺です。榎社に集合して出発です。

メンバーの方からの提案で、まずこのエリアの新規の文化遺産に
ついて調査しました。前回の調査時に見落としていた石柱です。
市の広報誌の裏表紙にある「太宰府の文化財」の内容を元に、現
状の記録や確認を行いました。その後、旧蹟全図に描かれている
「サイワイノハシ」を確認、榎社境内、朱雀大路の道や側溝と思
われる地域などを調査・確認しました。隈麿公の奥津城では五分
咲きの梅が迎えてくれて、六弁の梅も見ることができました。

鹿嶋神社や猿田彦の石塔にかけられた注連縄が特徴的で、写真
記録も熱心にされていました。大きな変化はなく、樹木も剪定
されていたり、基礎が塗り直されていたり、手入れがなされて
いる様子を確認できました。

次回は般若寺方面への振り返り調査となります。