記事一覧

太宰府小班 班活動(2月6日会議)

ファイル 203-1.jpgファイル 203-2.jpgファイル 203-3.jpgファイル 203-4.jpg

グレゴリウス暦2月6日は、陰暦では12月19日、居待の月が昨日
の夜顔を出していました。政庁跡北側に咲く白梅・紅梅の良い香
りが漂い始めました。日本スイセンの香りもいいですね。

さて会議は7名で行われ、終始活発な意見が出されていました。
太宰府小の通学路についての話がなされたときに、皆さんが驚か
れていた事を御紹介します。

高雄山の通学路の途中に、「みそんちょ山」があるなど、きれい
な水をたたえる池には、「ジュンサイ」が生えていた事などを話
されました。

「みそんちょ」は60才以上の方で、里山近くに住まわれていた
方ならほとんどの方がご存知の植物です。標準名は「シャシャンボ」
分かりやすく言えば日本版ブルーベリーです。ブルーベリーと近
縁の植物で、体に良い「アントシアニン」が含まれている植物です。

今日の様に甘いものなどなかった時代に、小学生たちはこの木の
実が熟れる頃を楽しみにしていたようです。正式な山の名前では
ないでしょうが、「みそんちょ山」と名付けられるほど子供達に
はポピュラーな山(丘)であったわけです。

ジュンサイにつきましても、今、太宰府市にお住いの方々が聞か
れたら、驚かれるのではないかと思います。京料理の澄まし汁等
の具材として用いられる、高級な植物です。
このようなことが具体的に調べられて、報告されれば、多くの方
が喜ばれるのではないかと思いました。

他には、北谷地区や内山地区に小学校前の教育機関としてあった
らしいことなども話に出てきました。明治の初めころで、具体的
場所など記憶する方が亡くなってしまい。地元の歴史を発掘され
る方の推測しか情報がありません。

只越の通学路には、峠付近に人馬通行用の「トンネル」掘られ
ていた事なども話に出てきていました。このトンネルは真っ暗な
ので牛が通るときに、怖がってなかなか進んでくれなかったとい
う話も以前伺ったことがあります。

旧暦では、新暦の2月19日が元日です。もういくつ寝るとお正月♪♪♪。

皆さんがほとんど知らない興味深い話がまだまだ眠っています。
このような話がボランティア調査員さん達の手で発掘され報告さ
れていく事について、「感謝」以外の言葉を思いつくことができ
ません。謝謝。