記事一覧

日田街道班 現地調査(2月18日)

ファイル 205-1.jpgファイル 205-2.jpgファイル 205-3.jpgファイル 205-4.jpgファイル 205-5.jpg

時折冷たい風が吹く中、宰府詣りの道の探索が今月も行われました。
周辺地域から太宰府天満宮まで、どのような道を通って来ていたのか。
毎回、道標や道の現状、古地図などを参考に探っています。市内の道
も丁寧に検証している中で、本日は那珂川町からの宰府詣りの道の一
部分、大佐野から五条近辺を歩きました。

西鉄五条駅に集合し、大佐野を目指して歩きます。お馴染みの「梅大
路」と刻まれた道標を過ぎ、どんかん道をたどりました。1年前設置
されたどんかん道や神幸式についての解説板を読み、古地図や地形
を見ながら進みました。時折原形をとどめない区画や交通量の多い県
道を通ったりしますが、おおよそ古地図に残されている道の面影は見
られたようです。地域の方に聞き取りをして、畑の中で信仰されてい
る石碑も新たに確認できました。

下校時間とも重なり、太宰府西小学校のたくさん子どもたちが「こん
にちは!」と元気に挨拶をしてくれました。地図やカメラを持って歴
史探索をしていた大人達をどこか記憶にとどめて、のちに自分達の
町の特色を思い起こしてもらえるといいなと思いました。

次回はこれまでのまとめやこれからの計画について話合う予定です。