記事一覧

学業院中学校文化遺産調査報告 3月11日

ファイル 207-1.jpg

太宰府市立学業院中学校は歴史と緑豊かな太宰府において最も長い歴史を持つ学校です。
校内には、創建時に校地・校舎を無償で提供された宮村吉蔵氏(宮村翁)にまつわる文化遺産をはじめ、校名の由来となった学校院発展に尽力した吉備真備(きびのまきび)にまつわるものなど、様々な文化遺産が残されています。

太宰府文化遺産調査事業では、調査ボランティア国分小学校区班を中心に数度にわたって調査を行い、野口校長先生に色々とお話を伺ったり、貴重な資料を拝見させていただきました。
このたび、その調査成果を報告書にまとめ、学業院中学校・野口義史校長先生へ贈呈しました。

学業院中学校について、生徒さんをはじめ多くの方々に知っていただき、後世へと語り継いでいっていただければと思います。