記事一覧

2015年9月1日 五条地区 八朔の千燈明

ファイル 221-1.jpgファイル 221-2.jpgファイル 221-3.jpgファイル 221-4.jpgファイル 221-5.jpg

9月1日の夜、五条地区にて「八朔の千燈明」が行われました。

八朔の千燈明(はっさくのせんとうみょう)は毎年9月1日夜に行われている五条区の神事で、江戸時代後期に起きた疫病と、その疫病除けを太宰府天満宮に祈願したことに由来する神事です。

戦中に一時途絶しますが、戦後に復活。現在は太宰府市民遺産
第2号に認定されており、五条区の方々の手によって行われる千燈明は、秋の訪れを伝える風物詩として親しまれています。

地元以外の方の見学も可能ですので、是非一度お越し下さい。