記事一覧

3月13日(日) 第6回太宰府市景観・市民遺産会議

ファイル 230-1.jpgファイル 230-2.jpgファイル 230-3.jpgファイル 230-4.jpg

 3月13日(日)、九州国国立博物館ミュージアムホールにおいて第6回太宰府市景観・市民遺産会議が行われました。
 エントランスホールでは育成団体によるパネル展示が開催されており、沢山の方々が、熱心にご覧になっていました。

 会議では、だざいふ景観賞の表彰式に続き、平成26年度認定市民遺産の「太宰府梅ばやし隊」や「高尾山の自然と歴史を語り継ごう会」の活動報告が行われ、本年度市民遺産候補の「太宰府悠久の丘」が、賛成多数で認定されました。
 その他にも、太宰府万葉会の古代衣装を身にまとっての朗唱、かるかや物語を伝える会の活動発表などが行われ、ボランティア皆さんの太宰府の文化財を次世代につなげたいという熱い想いが伝わってくるそんな有意義な会議でした。