記事一覧

3月16日 日田街道班 現地調査(朝倉市杷木神籠石~日田市行徳家住宅)

ファイル 233-1.jpgファイル 233-2.jpgファイル 233-3.jpgファイル 233-4.jpgファイル 233-5.jpg

日田街道班は、3月16日(水)朝倉市杷木神籠石から日田市行徳家住宅まで現地調査を行いました。

杷木神籠石を日田方面に進んでいくと道端に自生した菜の花が咲き誇っていました。さらに進んでいくと石段があり、上ったところに「阿蘇神社」があります。ここは、「泥打ち祭り」と呼ばれる福岡県が無形民俗文化財に指定されたお祭りが毎年3月28日に行われています。

その先に、「大分縣日田郡夜明村字関」「福岡縣朝倉郡杷木村大字穂坂」と刻まれた国境石が立っています。ボランティアの皆さんは、古の日田街道に思いを馳せながら熱心にご覧になっていました。

その後、日田市に入り夜明関町の行徳家住宅を訪問しました。行徳家は、久留米藩の御典医を経て、現在まで続く医者の旧家です。天保時代の鍵屋敷住宅で、当時の医療資料も展示しています。中でも、手書きの内蔵位置図には、目を見張るものがありました。