記事一覧

8月19日(金) 8月定例会

ファイル 264-1.jpgファイル 264-2.jpgファイル 264-3.jpg

 8月19日(金)、プラム・カルコア太宰府(中央公民館)にて8月の定例会が開催されました。
 梅崎満里さんの「太宰府と陶磁器」講座も第3回を迎え、今回は「緑釉・三彩」についてのお話しでした。時代の移り変わりにより、陶器は墓地の副葬品から枕や瓶などの実用品へ、色も唐三彩と言われる「クリーム色、緑、赤褐色」、「クリーム色、緑、青」などに変化していく様子を、映像を見ながら説明して頂きました。唐三彩は、クリーム色、緑、青、赤などの発色がきれいで、その美しさに出席者の皆さんも目を奪われていました。