記事一覧

8月30日(火) 五条千燈明準備

ファイル 266-1.jpgファイル 266-2.jpgファイル 266-3.jpgファイル 266-4.jpgファイル 266-5.jpg

 8月30日(火)、五条公民館にて、「五条の八朔の千燈明」の準備が地区の皆さんによって行われました。

 「八朔の千燈明」とは、毎年9月1日に太宰府天満宮に献燈をする行事で、そのはじまりは、100年以上前にさかのぼります。
 江戸時代、太宰府で流行り病がおこり、五条でも沢山の人が命を落としました。そこで、太宰府天満宮に願立てしたところ、患う人が出なくなったといいます。以来、五条の人々は、そのお礼として、八朔(旧暦の8月1日)に千燈明を捧げるようになったと伝えられています。

 準備では、地域の方から蒲鉾の板とペットボトルを集め、ロウソクを固定するための穴を開け、ペットボトルをロウソクの長さに切り、ペットボトルの周りにイラスト入りの紙を貼ります。それを今回は、250個作りました。

 9月1日にそれを並べて火を灯すのは子供たちの役目です。子供たちが大人になっても五条の人たちの思いのつまったこのような行事を伝承していって欲しいと地域の方たちは、おっしゃっていました、。