記事一覧

特別史跡『大宰府跡』 蔵司地区 現地説明会の開催

ファイル 285-1.jpgファイル 285-2.jpgファイル 285-3.jpgファイル 285-4.jpgファイル 285-5.jpg

 12月16日、観世や坂本など地域の方々へ向けた特別史跡『大宰府跡』蔵司地区の調査説明会が行われました。

 開催に先立ち、調査を担当されている九州歴史資料館の吉村室長より挨拶があり、大宰府史跡の開発と史跡指定の経緯、地元の方々の反対や市の陳情など様々な出来事を経て、昭和43年から史跡発掘がはじまった経緯のお話がありました。
 現在行われている発掘調査には地元の方々が多数参加されており、改めて「大宰府史跡」が地域の方々に支えられているのだと感じました。

 現地の解説では、九州歴史資料館の大庭さん・下原さんより説明があり、「7世紀末〜8世紀初めのものとみられる掘立柱建物跡1棟が新たに確認された事」「法隆寺伝法堂のような建物が建っていたと推定されている事」など、興味津々の調査成果のお話がありました。

 当日は気温6℃、北西の冷たい風にみぞれが混じるあいにくのお天気でしたが、見学者の皆さんは熱心に聞き入られ、積極的に質問されていました。また、掘立柱の穴をのぞき込まれたり、柱座を持つ礎石を数えられたりしながら、古代「西の都」大宰府の浪漫に思いを馳せておられました。

 現地説明会が開催の折には、ぜひ皆様ご参加下さい。