記事一覧

日田街道班 現地調査(筑紫野市針摺~太宰府市五条)

ファイル 80-1.jpgファイル 80-2.jpgファイル 80-3.jpgファイル 80-4.jpgファイル 80-5.jpg

11月20日(水)、小雨が降る悪天候のもと日田街道班の皆さん
が筑紫野市の針摺から太宰府市の五条にかけての「宰府まいり」
の道筋について現地調査を行いました。

針摺から太宰府へ向けての道筋は幾通りもあり、「太宰府大野城
旧蹟全図北」や「明治三十三年陸軍測量図」などに記された道筋
を検討しながら現地を歩きました。

道中には針摺石をはじめ、松尾宮(きのどん様)・鯰石・山伏墓
など歴史ある文化遺産がありますが、今回の調査で特に注目した
のは追分石です。

太宰府市高雄にあるグッデイ高雄店の脇に所在する追分石は、現
在地中に半分ほど埋もれています。しかし、表面には薄れていま
すが「左太宰府」「右大根地米山道」などの文字が確認され、宰
府まいりの道筋を知るうえで貴重な文化遺産となっています。

針摺から五条までの道筋は、途中国道3号線の建設に伴い失われ
てしまっている区間がありますが、その他の区間は昔の面影を感
じることが出来ました。

今後は調査記録を整理しつつ、各地域から太宰府への宰府まいり
の道と関連文化遺産の調査をさらに進めて参ります。