記事一覧

宰府詣り道探索 筑前内野~数俵峠(すだわら峠)~米ノ山峠を越えて

ファイル 93-1.jpgファイル 93-2.jpgファイル 93-3.jpgファイル 93-4.jpg

連日の寒風で心配していましたが、15日(水)は、おだやかな日
よりとなりました。この日は内野宿~数俵峠~米ノ山峠をこえて
行く、宰府詣りの道の探索をしました。

現在の飯塚市にある内野宿には「太宰府天満宮米山越道」と刻ま
れた石碑があり、班の皆さんもいつかはここから天満宮を目指し
たいということで、幾度かの下見を重ね、当日を迎えました。

当時の人々にとって宰府詣りは1日がかりの大きなイベント。地
域にお住まいの方から、「集落の青年10名ばかりが集団で朝から
出立、参拝し、夕方梅ヶ枝餅をお土産に持ち帰ってました」とお
聞きしました。

しかし、この日に歩いた宰府詣りの道は、月日の経過で様子が変
わり、歩きやすい道ばかりではありません。目印として木立に赤
いテープがまかれてあり、以前に比べ多少関心の高さを感じて
これから整備されていくことを皆さん期待されていました。

車道も織り交ぜての行程でしたが、古い地図や下見での手応えを
活かして米ノ山峠まで、無事踏破することができました。

太宰府までの集落の内、豊かな水量を誇る香薗でお地蔵様を拝み
ロウバイの香り漂う大石では集落のいわれとなった大きな石や道
標などを確認しながら帰路につきました。

これからも現地を歩き、地域の方にもお話を伺いながら、様々な
方面からの宰府詣りについて、より深く考察し、検証していきた
いと思っています。