記事一覧

水城小班 班活動(真魚箸神事)

ファイル 192-1.jpgファイル 192-2.jpgファイル 192-3.jpgファイル 192-4.jpg

今月2日、通古賀の王城神社では宮座とともに真魚箸(まなばし)神事
が行われました。文化遺産調査ボランティア水城小班の皆さんは
参拝と共に見学をさせていただきました。

市内では唯一の珍しい儀式を見せていただいた後、これまでの資料
と読み合せてみながら、いくつか疑問点が浮上してきました。

“秋籠り”と“宮座”の関係やこの神事とその作法の由来、王城神社
の年中行事の変遷など、校区内の他の神社の調査を踏まえた疑問点も
あり、本日氏子総代の方からお話をうかがうことになりました。

通古賀区編纂の郷土史の書籍『とおのこが風土記』(平成15年刊)を
基礎としながら、現状や総代の方の小さい頃の思い出などいろいろな
お話を聞かせていただきました。また、この時間で解決しなかった疑
問点についてはお調べくださるということで、臨場感あふれる調査カ
ードが完成しそうです。

聞き取り調査ではこちらの視点とは違うものを得られるのでとても貴
重です。お話くださいました総代の方に、この場を借りて御礼申し上
げます。ありがとうございました。

水城小班 班活動(振り返り調査)

ファイル 191-1.jpgファイル 191-2.jpgファイル 191-3.jpgファイル 191-4.jpg

11月25日火曜日、水城小班の皆さんが班活動を行いました。
今年度水城小班の皆さんは振り返り調査を進めています。今日は
関屋に集合した後、沿道に並ぶ石塔や道標などから調査をはじめ
ました。

前回約5年前の調査内容を踏まえ、新しく集めた資料や書籍『太
宰府天満宮 むかしがたり・石造物(いし)のおはなし』なども
参考にし、確認していきました。

えびす堂前に新設されてある太宰府市による解説版の絵図やその
内容と照らし合わせたり、刻まれた文字の筆跡を見比べたり。
さらにいくつか疑問点も浮上し調査の継続となる物件もありました。

えびす堂の前には当時お店があったのですが、現在は駐車場
となり、聞き取りをした方もお見かけしませんでした。
苅萱の関跡碑を後にし、洗出の十三石仏や観音様の調査も行いま
した。

道々の紅葉はとても美しく、十三石仏と観音様があるところはみ
ごとな銀杏で、輝く黄色の落ち葉で敷地内は埋め尽くされたよう
になっていました。昨夜は大雨で日中お天気が心配されましたが
曇天で比較的気温も高く、調査にはよい気候でした。

今日の疑問点について個々で聞き取りや書籍を調べたりして班の
メンバーやこれまでのデータに追記できるよう申し合わせて散会
しました。

日田街道班 柚須原~本道寺 現地調査

ファイル 190-1.jpgファイル 190-2.jpgファイル 190-3.jpgファイル 190-4.jpg

11月19日(水)、日田街道班の皆さんが現地調査を行いました。
日田街道班の皆さんは現在「さいふ詣りの道」を探索中で、東西
南北、搆え口・太宰府天満宮を目指しての道の現地調査を重ねて
います。本日は筑紫野市の柚須原~本道寺の方面をたどりました。

西鉄バスに乗り合わせ終点柚須原へ。古い地図の道や神社のマー
クなどを頼りに手さぐりで進みました。道々に屋敷神のような祠
があり、公民館敷地内には内容は不明でしたが石塔が集められて
いました。

旧道を探すことはとても困難で、現在の登山道や県立総合射撃場
に通じる舗装された林道を進むほかありませんでした。途中、拓
本についての活動をされているメンバーの方が、採拓されたこと
がある記念碑を説明してくださったり、柚須原側からみえる宝満
山山頂仰ぎながら、その周囲の地形について皆さんで確認しあっ
たりしました。

本道寺では大山祇神社や安楽寺、数基の庚申尊天などを調査し江
戸時代に引かれ現在も使われている鉄砲用水と呼ばれる用水路や
その用水路を施工した平嶋七郎兵衛が建てた石塔「猪鹿塚」と言
われる供養塔も見ることができました。

次回は9月の調査の続きを行い、いよいよ太宰府天満宮を目指し
ます。

11月14日 定例会

ファイル 189-1.jpgファイル 189-2.jpgファイル 189-3.jpgファイル 189-4.jpg

来年度は大野城・基肄城が築造1350年という節目を迎えます。
先月と今月は定例会と兼ねて、関係の町から講師をお招きして講
演をお願いしています。

先月の宇美町歴史民俗資料館 館長の平ノ内幸治さんに続いて、
今月は佐賀県基山町教育委員会文化財保護主事 主税英徳さん
をお招きして「基肄城跡について」と題して、講演をいただきました。

まずは基山町という町の概要や特徴をお話いただきました。基山
町は太宰府市からは少し離れた町なので、ボランティアさんも「基肄
城」について詳しくても、その山城が属している「基山町」については
ご存じないことも多く、主税先生のクイズ形式の解説に会場からは
驚きや感嘆の声が聞かれました。

いよいよ歴史的な内容のお話に入り、今も残る土塁や有名な水門、
石垣の保全修理に伴う新発見など、貴重な画像を交えてお話をう
かがいました。

和歌や遺物の墨書きなどを例にあげながら、基肄城やその地域と
太宰府の関係も具体的に解説くださり、当時のこのあたりの様子
に思いを馳せた方も多かったのではないかと思います。

基肄城は来年祝1350歳。町は先月、シンボルマークと「悠久の時
を超えて 今、未来へ」というキャッチフレーズ、記念事業につ
いても発表しています。

基肄城を題材にした恒例の基山町小中合同創作劇も来月に控え、
来年2月には歴史民俗資料館で特別展開催を予定され、同月基
肄城シンポジウムも予定されています。

水城・大野城と並び重要な役割を担っていた基肄城。来年1年間
は大野城とともにこの基肄城についても注目となることでしょう。
この講演をきっかけに現地に行かれる方も多いのではないでしょう
か。

講演会後は短時間でしたが班活動の時間を設け、打ち合わせや
協議など重ねる班もありました。

太宰府小班 班活動(定例会)

ファイル 188-1.jpgファイル 188-2.jpgファイル 188-3.jpg

11月7日金曜日、五条公民館での定例会。

先月は昭和11年度ご卒業の方に当時の小学校やこの地域の様子
について聞き取りをしました。その中でも話題になった「通学路」
について今回はいろいろと話し合いました。

当時は今と違って校区がとても広く、現在の太宰府南小校区や東
小校区も太宰府小に通学していたので、道草などいろいろなエピソ
ードが残っているようです。4本くらいある通学路を再確認して来月
行う予定の聞き取り調査とも合わせて小学校と地域の変遷を追って
いきたいということになりました。

まだまだ資料集めの段階ですが、いろいろなお話を聞くことで、テー
マやまとめ方も見えてきそうです。

王城神社 真魚箸(まなばし)神事

ファイル 187-1.jpgファイル 187-2.jpgファイル 187-3.jpgファイル 187-4.jpg

11月2日日曜日の午後、通古賀の王城神社で宮座並びに真魚箸
神事が行われました。

20名近くの氏子の方が揃いの法被を着てお集まりで、太宰府天
満宮の神職の方により祝詞が奏上され、神事が執り行われました。

引き続き大きな鯛が2尾、作法にのっとって運びこまれ、作法にのっ
とって真魚箸神事も行われました。

向かい合ったお二人の方の前に鯛の頭を本殿に向けて据え、頭に
2本の真魚箸を刺し、尾側の手で包丁を握り、手を添えることな
くさばいていきます。

利き手でない場合、大変難しそうです。今年は喜寿を迎えられた
氏子の方が担当されました。年齢の節目の方や厄年の方など、担
当される方は毎年変わるそうです。
ここでさばいた鯛を後の直会でいただくとのことでした。

このような神事は市内ではここ王城神社だけです。お参りに来ら
れた方も、静かに見守っておられました。

水城小班の皆さんと見学させていただきました。
初めての方ばかりで市史に記してあること以上に様々な調査がで
きたようです。

お忙しい上、神聖な儀式であるにも関わらず、質問にお答えくださっ
たり、昇殿させていただいたりしました。自治会長様や氏子の皆様、
太宰府天満宮の神職の方にも、この場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました

国分小班 班活動

ファイル 186-1.jpgファイル 186-2.jpgファイル 186-3.jpg

国分小班の皆さんは地元の文化遺産をご紹介し散策するた
めのマップを作成され、そのマップを地域の皆さんにお配
りしたり、実際に現地をご案内したりと、調査のみならず
文化遺産を皆さんに知っていただく活動もさかんに行って
います。

このようなボランティア活動のことを講演してほしいと国分
小校区自治協議会の方からお話をいただき、今月9日文化
ふれあい館で「国分・水城の文化遺産マップ その概要と
作成裏話」と題して、お話をすることになりました。

本日はスライドを上映しながらリハーサルを行いました。
時間を計ったり内容やスライドについて改善を指摘しあった
り。それぞれの担当箇所と同様、全体の流れも重要なので、
ボランティアさんが「地元の方々にお伝えしたいこと」を常
に意識した90分になるよう協議を重ねていきました。

史跡として有名なところよりも、地元だけど知られていないこ
とを丁寧にお話したいとボランティアさんの声でした。
再度リハーサルの予定を確認し、協議となりました。

市報11月号16ページ「さぁ協働を進めようvol.65」に、詳細が
掲載されています。
皆様のご参加をお待ちしています。

水城小班 班活動

ファイル 185-1.jpgファイル 185-2.jpgファイル 185-3.jpgファイル 185-4.jpg

さわやかな秋晴れの中、振り返り調査の続きを行いました。政庁
跡から坂本集落や国分へ抜ける山道を歩きながら、周辺の神社や
祠の変化について調査しました。

秋も深まり、木々は美しく色づいています。花が咲いたり実がなっ
たり、葉が色づいたりしてそれが何の木々や花かがわかることが
あります。今日は振り返り調査のみならず、今後新しくご紹介した
い文化遺産として新規で樹木についても調査しました。

坂本八幡宮横の楷の木は今見事に色づいています。楷の木は太
宰府に縁が深く学校院跡や国分寺跡にも植えられています。大変
大きな樹木で雄木雌木が並んで木陰を作っていました。

国分集落近くにあるやんぶの墓は祠が建てかわっていました。
2~3年前に地元の方によって建て替えられたそうです。

坂本集落近くに引陣地蔵も手入れが行き届き、どちらもこれまで
通りお世話され信仰されていることがうかがえました。

ヤマブドウやゲンノショウコ、サクラタデなど今では希少な植物
もこの辺りではまだ見ることができ、このままこの風情も残って
いってほしいと思わずにいられない景色でした。

来月は関屋周辺の文化遺産の振り返り調査を行う予定です。

第5回 くくりん祭 水城跡写真展開催

ファイル 184-1.jpgファイル 184-2.jpgファイル 184-3.jpgファイル 184-4.jpg

さわやかな秋の風が吹く中、10月25日(土)26日(日)の両日
太宰府西小学校で第5回くくりん祭が開催されました。
“くくりん”とは市内西側の校区の隣り合う9つの地域“9区隣”
のことで、毎年合同で文化祭をひらいているそうです。水城西
小学校区はこの地域に含まれ、今年夏から巡回展示を行った
「まもりつがれた水城跡の四季」写真展をここでもできないか
と、地域の文化部の方々や協会と度々打ち合わせを重ねてき
ました。

地域によっては水城跡が遠く、あまり馴染みではない方もおら
れます。しかし、史跡としての水城跡だけではなく、四季の変化
といった目にも楽しい写真の展示は、水城跡を知っていただく機
会としてとても効果があったように思います。ボランティアさんも
待機されていたので、お客さんとお話をしながらご説明もでき、
交流という点でも大変有意義でした。水城築造1350年の記念の
年に地域の多くの皆さんに水城跡を見ていただけて大変よい機
会をいただきました。

運営されている文化部の方も、「(文化祭として)写真の出品が
少なかったので、水城跡写真展はとてもよかったです。(水城
跡を)知っているところだとしても、たくさんの写真を通して改
めて水城跡をよくみることができて、展示していただいて私た
ちも本当によかったと思っています。」と言われていました。

各地区の皆さんの手作りの素晴らしい作品とともに、保健セン
ターの健康づくりについてのブースや市民遺産のご紹介ブース
などもあり、太宰府に住まわれる皆さんの日々の生活がさらに
豊かになるヒントがちりばめらた活気あふれる会場でした。

国分小班 班活動

ファイル 183-1.jpgファイル 183-2.jpgファイル 183-3.jpg

国分小班はこれまで地域の文化遺産巡りのマップを作成したり、
それに基づくウォーキングイベントや写真展を開催したり、日頃
の調査活動を発展させ、地域の皆さんにより地域を知っていただ
く活動を展開されています。

来月9日、地元国分小学校自治協議会による歴史学習会で文化
遺産調査ボランティアの活動についてお話をすることになり、
本日はそのプログラムおよび皆さんにスライドでお見せしたい
文化遺産の選別を行いました。

文化遺産のみならず、ビューポイントや行事のご紹介など盛りだ
くさんの内容で、それぞれ担当を決め、内容についても改めて確
認を必要とすることなどさまざまな意見が出されました。

地域の文化遺産をよく知っていただいて、「これからは皆さんも
一緒に見守り、大切にしていきましょう」という思いをお話でき
る大変貴重な機会となります。さらに内容を協議しリハーサルな
ども重ねることを予定し、散会しました。

ページ移動