モデルコース

「大宰府展示館」発 展示館見学&政庁跡を歩いてみよう(1時間)

 大宰府展示館 ⇔ 大宰府政庁跡

ボランティア「大宰府史跡解説員」がご案内いたします。ご希望の方は2週間前までにお申し込みください。お申し込みはこちらまで
  1. 大宰府政庁跡(国・特別史跡)

    「大宰府」とは、7世紀後半から奈良・平安時代を通じて、西海道(九州)全体を治め、防衛や外交の窓口を担った地方最大の役所のことです。その中核となる施設が置かれた大宰府政庁跡は、東西111.6m、南北211mの規模を誇り、その前面には朱雀大路を中心として碁盤目状の条坊を持つ、古代都市が広がっていました。大宰府は「遠の朝廷(とおのみかど)」と呼ばれ、律令制下で1000人を超える官人が執務し、多くの文物で賑わいました。
    昭和43年に始まった発掘調査によって、最も古い7世紀後半の掘立柱建物(第1期)、8世紀初頭に建て替えられた礎石建物(第2期)、941年藤原純友の乱により焼失した後に再建された建物(第3期)が確認されています。現在は礎石(一部復元)を残すのみですが、北側の四王寺山(大野城跡)と一体となった雄大な景観は、往時のようすを偲ばせます。
    「大宰府跡」「大野城跡」は、「水城跡」とともに国の特別史跡に指定されています。

  2. 大宰府展示館 (遺構覆屋)

    昭和43年に始まった大宰府政庁跡の発掘調査により検出された遺構の一部(溝)を保存・公開しています。あわせて出土遺物やパネル・模型などの展示を行い、古代大宰府を中心とした歴史・文化を紹介しています。
    また、昭和55年の開館以来、(公財)古都大宰府保存協会が事務局を置き、大宰府史跡の維持管理や広報普及を行っており、広く史跡地全般のご案内をはじめ歴史観光・学習の起点としてご利用頂いています。