ボランティア活動

協会で活動している3つのボランティアを紹介します

史跡解説ボランティア
「大宰府史跡解説員」

大宰府史跡解説員は公益財団法人古都大宰府保存協会の委嘱を受けたボランティアで、昭和58年4月から昭和60年3月に開催された九州歴史資料館10周年記念「大宰府アカデミー」の受講生から昭和60年3月18日に誕生しました。太宰府市を訪れる方々や在住の方々に対して「大宰府のすばらしさを多くの方々に伝えたい」という熱い思いを持って日々活動しています。財団が主催する「史跡めぐり」講座での解説や、個人やグループ・学校から依頼がある解説、また大宰府展示館・水城館・太宰府館の来館者に対して展示の解説を行っています。現在76名の解説員で活動を行っています。

万葉植栽ボランティア
「ゆづるはの会」

太宰府市には市域面積の約17パーセントを占める貴重な史跡地がありますが、公有化されたものの未整備のままの状態の土地に、ゴミが放置されるなどの事態が生じたこともありました。そこで、その史跡地を有効に活用し、また歴史の散歩道をたどる人々が、大宰府政庁などが建っていた頃の野山の風景を少しでも想像していただけるようにと、平成7年7月から「万葉の花講座」を開催し、万葉植物の勉強をし、実際に苗を植え始めたのがこの会の始まりです。平成21年度よりこの会の名称を「ゆづるはの会」としました。史跡地に彩りを添え、季節ごとに変わる万葉の草花を市民や観光客の方に楽しんで頂いています。

太宰府市文化遺産調査
ボランティア

文化庁による『文化財総合的把握モデル事業』において、太宰府市がその実施団体に選ばれ、事業の一部を保存協会が受託したことをきっかけとして、この事業に関わっていただくボランティアを平成20年に募集し、活動が始まりました。市内外のボランティアの方々が、市内に7つある小学校区を基本に、日田街道・四王寺山・東ヶ丘・御笠川を加えた11の班に分かれて調査を行い、“まちあるき”を始めることにより、それにつながる、モノ・コト・ヒトに注目しながら「調べ」「伝え」「見守る」活動を行っています。この事業を通し、社会全体での文化財の継承を目指しています。これまでに6000件を超える文化遺産が記録されています。

ボランティアの日々の活動をお伝えします

2020年12月

2020年 12月02日
令和2年度 第11回 年末清掃等
 いよいよ今年最後の活動です。例年ですと男性は道具の整備や育苗畑の清掃をし、女性は反省会のトン汁作り。お昼はそれを食しながらみんなで一年を振返るのですが、今年はコロナの影響を考慮し集団での食事はやめることにして、ほぼ通常の活動をしました。
 今日の参加者は女性が5名と男性が8名それに職員3名(男性)の16名でした。集合前からすでに育苗畑の落葉かきをして掘った畑に入れる作業をしてくださっていた方もいましたが、みんなが揃って朝の挨拶をした後さっそく作業にかかりました。女性は前回に引き続き観世音寺横のコスモス畑で種の採取を、男性は2班に分け、斉城先生の指揮で野草園にヒガンバナをもっと咲かせるための球根の植込み班と育苗畑内の整理と小屋の中の片付け・ゴミ出し、道具類の整理、刃物の研ぎをする班、みんなで手分けして作業を行いました。
 作業後の懇親の場は、いつもより贅沢(!?)なおやつを美味しくいただきました。また、会員のYさんからの隼人瓜の漬物の差し入れがあり、お土産に持ち帰りました。また、斉城先生が6月にソバ畑横で採取したサツキの接ぎ穂を自宅で育ててあったのですが、十分に発根したものを持参され見せていただきました。こんなに根が出るのかとビックリです。「さすが先生の手入れ技術は素晴らしい!」との感嘆の声が出ていました。同様な状態のノボタンも見せていただきました。台湾のノボタンはセイタカアワダチソウみたいに空き地に一杯咲いているそうです。
 最後に来年1月から3月は活動は休みますが、勉強会を3回計画していることを連絡して散会しました。