ボランティア活動

協会で活動している3つのボランティアを紹介します

史跡解説ボランティア
「大宰府史跡解説員」

大宰府史跡解説員は公益財団法人古都大宰府保存協会の委嘱を受けたボランティアで、昭和58年4月から昭和60年3月に開催された九州歴史資料館10周年記念「大宰府アカデミー」の受講生から昭和60年3月18日に誕生しました。太宰府市を訪れる方々や在住の方々に対して「大宰府のすばらしさを多くの方々に伝えたい」という熱い思いを持って日々活動しています。財団が主催する「史跡めぐり」講座での解説や、個人やグループ・学校から依頼がある解説、また大宰府展示館・水城館・太宰府館の来館者に対して展示の解説を行っています。現在76名の解説員で活動を行っています。

万葉植栽ボランティア
「ゆづるはの会」

太宰府市には市域面積の約17パーセントを占める貴重な史跡地がありますが、公有化されたものの未整備のままの状態の土地に、ゴミが放置されるなどの事態が生じたこともありました。そこで、その史跡地を有効に活用し、また歴史の散歩道をたどる人々が、大宰府政庁などが建っていた頃の野山の風景を少しでも想像していただけるようにと、平成7年7月から「万葉の花講座」を開催し、万葉植物の勉強をし、実際に苗を植え始めたのがこの会の始まりです。平成21年度よりこの会の名称を「ゆづるはの会」としました。史跡地に彩りを添え、季節ごとに変わる万葉の草花を市民や観光客の方に楽しんで頂いています。

太宰府市文化遺産調査
ボランティア

文化庁による『文化財総合的把握モデル事業』において、太宰府市がその実施団体に選ばれ、事業の一部を保存協会が受託したことをきっかけとして、この事業に関わっていただくボランティアを平成20年に募集し、活動が始まりました。市内外のボランティアの方々が、市内に7つある小学校区を基本に、日田街道・四王寺山・東ヶ丘・御笠川を加えた11の班に分かれて調査を行い、“まちあるき”を始めることにより、それにつながる、モノ・コト・ヒトに注目しながら「調べ」「伝え」「見守る」活動を行っています。この事業を通し、社会全体での文化財の継承を目指しています。これまでに6000件を超える文化遺産が記録されています。

ボランティアの日々の活動をお伝えします

2020年6月

2020年 06月17日
令和2年度 第1回 ツツジの挿し木、その他
 コロナ禍で自粛していた万葉植栽活動も非常事態宣言の解除を受けやっと再開しました。
 今日は例年この時期に実施している挿し木の実習です。今年は、ソバ畑横のサツキ、ツツジの植込みの中からクルメツツジを選びました。新しい穂を含む枝の採取から行います。切り取った後は、植栽畑に場所を移し、挿し口をスパッと切って、プランターの鹿沼土に並べて挿していきます。挿し穂の採取方法や挿す場合の穂の作り方などは斉城先生にご指導をいただきました。
 過去に何回も挿し木を経験した方たちは、畑の雑草取りをしたり、笹やウバメガシの生垣の剪定作業を同時進行でしてもらいましたが、それも終わり、道路向かいの野草園のハギの切戻しまでしてもらいました。
 今日は、会員の鈴木さんからは斑入りの「ヒメチンチョウゲ(姫沈丁花)」を挿し木材料として提供してもらいました。さらに、井上さんからは対馬原産の貴重な「オウゴンユリ(黄金百合」の苗十数本と「オキナグサ」の種子を寄付してもらいました。欲しい方も分けてもらっていました。
 懇親の談話時間に今年度4月から新しく就任した事務局長の南里が挨拶し、会員の皆様には簡単な自己紹介をしてもらいました。すでに新事務局長と顔なじみ?のメンバーもいましたが、初対面の方が多い中、いつも通りのニコニコ和気あいあいの雰囲気での自己紹介となりました。
 休止期間中にも有志の方が時折、植栽畑や史跡地に移植した植物の手入れをしていただき、いつでもまた、来訪者を迎える準備をしてくださっています。ありがたいことです。
 花菖蒲やソバ畑のベニバナは終わり頃になりましたが、政庁跡周辺はアジサイが満開で見ごろとなっています。畑にはハンゲショウの花も咲いています。ぜひ見に来てください。