ボランティア活動

協会で活動している3つのボランティアを紹介します

史跡解説ボランティア
「大宰府史跡解説員」

大宰府史跡解説員は公益財団法人古都大宰府保存協会の委嘱を受けたボランティアで、昭和58年4月から昭和60年3月に開催された九州歴史資料館10周年記念「大宰府アカデミー」の受講生から昭和60年3月18日に誕生しました。太宰府市を訪れる方々や在住の方々に対して「大宰府のすばらしさを多くの方々に伝えたい」という熱い思いを持って日々活動しています。財団が主催する「史跡めぐり」講座での解説や、個人やグループ・学校から依頼がある解説、また大宰府展示館・水城館・太宰府館の来館者に対して展示の解説を行っています。現在76名の解説員で活動を行っています。

ボランティアの日々の活動をお伝えします

史跡解説員日記

2016年 11月10日
保存協会主催 史跡めぐり"水城大堤 ぐる~と一周歴史散策"
ファイル 63-1.jpg
ファイル 63-2.jpg
ファイル 63-3.jpg
保存協会主催史跡めぐり“水城大堤 ぐる~と一周歴史散策”
が行われました。

11月5日(土)小春日和の好天のもと、12名の参加者があり
史跡解説員 井土さん、井上さん、溝口さんの解説により約3時
間30分をかけての水城一周歴史散策に、参加者の皆さんから
たいへん好評を頂きました。

今回の催しにあたっては、くすのき会としてのコース策定を行い
初めての試みでしたが、今後の水城解説のフィールドを広げて
いく手応えを感じました。
【文・写真:菜畑】

 
2016年 08月05日
四王寺山を歩こう会
ファイル 62-1.jpg
太宰府小学校教職員研修の一環として「四王寺山を歩こう会」が
7月28日(木)に実施され案内、解説を行いました。

当日は猛暑の中、校長先生、教頭先生はじめ22名の先生方が
ご参加され、市民遺産の道「かつてあった四王寺山の大宰府町
道」を歩きながら四王寺山の魅力「歴史と景観」の実体験をして
頂きました。

この研修を踏まえ、次は太宰府小学校の子どもたちと「市民遺
産の道」を歩き、歴史を伝えることが実現できればと期待して
います。 解説同行者:大場、藤田、菜畑
【文・写真:菜畑】
2016年 07月21日
大宰府の歴史に触れる“総合学習”に協力
ファイル 61-1.jpg
ファイル 61-2.jpg
例年のように太宰府市内小学校の総合学習実施にあたり、
私たち史跡解説員延べ57名が協力させて頂きました。
年々各学校における取組みへの工夫、子どもたちの熱意、
保護者の方々の関心度の高さが感じられてきており、大変
やり甲斐のある活動となってきております。

水城小6年 4クラス 124名 解説員24名(6/8,6,17,7/5)
太宰府小6年 3クラス 91名 解説員9名(6/16)
太宰府西小6年3クラス113名 解説員24名(7/12,13,14)

尚、太宰府小学校では学習成果をパンフレットとして作成、
天満宮参道等の観光客などに配布されました。
【写真・文責:菜畑】
2016年 07月16日
大野城研修を実施しました
ファイル 60-1.jpg
ファイル 60-2.jpg
7月14日(木)くすのき会ミニ自主研修を
四王寺山勉強会との合同にて実施致しました。

当日は、福岡県文化財保護課の入佐技師、宇美町
歴史民俗資料館の平ノ内館長様にもご参加、解説
を頂きました。

①新発見された大野城の第8番目の石垣の見学

②大野城における役所的な地域か?前田地区の情報
等をテーマーとして充実した研修ができました。
【写真・文責:菜畑】

 
2016年 03月19日
くすのき会日帰り研修
ファイル 58-1.jpg
ファイル 58-2.jpg
ファイル 58-3.jpg
3月17日(木)に、くすのき会日帰り研修が
実施されました。

最高の好天にも恵まれ、そして27名の参加者が
ありました。熊本県立装飾古墳館~ 歴史公園鞠
智城跡を巡り、装飾古墳館の学芸員さん、鞠智城
跡温故創生館の矢野課長及び2名の歴史ボラン
ティアさんの解説により有意義な研修ができまし
た。
【写真・文責:菜畑】
2016年 03月19日
水城跡史跡解説  トピックス
ファイル 59-1.jpg
ファイル 59-2.jpg
3月19日(土)吉松区の歴史ウオーキングが実施され
水城跡広場を訪れられました。

小雨の降る中でしたが、川口区長さんはじめ40名を超
える方々が熱心に「特別史跡水城跡」の解説に耳を傾け
られておられました。

当日は5名の史跡解説員さんが解説にあたって頂いてお
りましたが、地元の人たちに「水城跡解説案内所」のこ
とをもっともっと知って頂き、活用して頂ける機会が多
くなることを期待したいと思います。
【写真・文責:菜畑】
2016年 02月06日
解説員研修(宗像)
ファイル 57-1.jpg
ファイル 57-2.jpg
ファイル 57-3.jpg
ファイル 57-4.jpg
2月4日(木)に「神宿る島・宗像、沖ノ島と関連遺産群」が
ユネスコの世界遺産(文化遺産)暫定リストへ追加掲載が
決まった宗像市を訪れました。

午前中は「海の道むなかた館」で西谷正館長にご講話いた
だき、館内を地域学芸員さんのご案内で見学しました。

「国民宿舎ひびき」で昼食をとった後、午後から宗像歴史
観光ボランティアの内田さんと池田さんのご案内で「宗像大
社」、「神宝館」、「鎮国寺」を見学しました。何度か訪れ
たことがある場所でしたが、ボランティアの方のご説明を聞
いて、より一層理解を深めることができました。

また、帰路では、杢尾さんの解説を聞きながら、バスの車窓
から福津市の「新原・奴山古墳群」も見学しました。

今回の研修は天気にも恵まれ、宗像の方々のご協力で、充
実したものとなりました。ありがとうございました。
 
2015年 08月07日
ミニ自主研修報告
ファイル 56-1.jpg
ファイル 56-2.jpg
ファイル 56-3.jpg
ファイル 56-4.jpg
①7月30日(木)
九州南朝の足跡を訪ね、奥八女(上陽、星野、矢部)方面にて
研修を行いました。
大円寺住職様、矢部村の山口様、五条家当主様などから多く
の貴重なお話しを頂きました。
参加者22名 お世話役 井上さん、遠藤さん

②8月4日(火)
文化財課の山村係長様の解説により、原山無量寺跡の研修
を行いました。
かつてあった寺跡の楼門から中堂までの基軸線を中心として
天満宮との関わりや雨乞い行事等、幅広く研修を行いました。
参加者 21名 お世話役 矢野さん

【文・写真:菜畑】
2015年 07月08日
水城小学校「まほろば探検隊」

ファイル 55-2.jpg
ファイル 55-3.jpg
ファイル 55-4.jpg
6月9日~7月3日にかけて、6年生の総合学習として実施。

地域の史跡や歴史を学習することを通して、ふるさと太宰府を
愛する心の育成をはかるということで、平成14年よりスタート
し、本年は14年(14回目)となり、当初より史跡解説員によ
る支援活動が行われています。
(本年は解説員16名が協力)

年々、学校、生徒、そして保護者の熱意が高まってきており
私たちにとっても大変やり甲斐のある活動となってきています。
【文・写真:菜畑】

 
2015年 06月10日
桜町タンポポの会
ファイル 54-1.jpg
ファイル 54-2.jpg
ファイル 54-3.jpg
6月9日(火)10時から桜町タンポポの会の皆様25名を
ご案内しました。(担当:大場明)

左遷された菅原道真公が大宰府に連れてきた二人の幼子の
ひとり紅姫の供養塔から髙橋紹運の首塚、般若寺五重塔跡、
般若寺跡までのコースを歩きました。

参加された方から「日頃見慣れた風景もあらためて説明を
聞くと、何か違ったものに見えてくるので、ぜひ別のコー
スも歩いてみたい」との感想をいただきました。